関西・大阪を中心としたチョークアート看板制作・販売・教室運営
Ryo SignArt Factory
チョークアート看板制作・販売・教室運営Ryo SignArt Factory

チョークアートのRyo SignArt Factoryによるチョークアートの解説

チョークアートとは?

現在「チョークアート」と呼ばれているものには様々な解釈があり、 ストリート(道路)に描くものや 学校で使用しているスクールチョークで描かれたものをチョークアートと呼ぶこともあるようです。

私の描いているチョークアートとは、オーストラリアが発祥とされているアートで オイルパステルを用いて、おもに黒い板に、様々なイラストや文字を色鮮やかに描きます。

チョークアート独特の立体感とグラデーションが黒板とのコントラストにより、美しく発色し、アイキャッチが高いため本場ではおもに, 看板やメニューボードとして街を彩っています。

「看板」としての印象の強いアートですが 最近では、結婚式のウェルカムボードやお部屋のインテリア、贈り物としても喜ばれ、注目を集めています。

また、最終的に特殊なコーティングを施しますので、描いた絵は指でこすったからといって消えることはありません。

チョークアートは指から生まれる100%ハンドメイドアート

チョークアートは筆などは使いません。すべて自分の指を使って描きます。自分の指の温もりと感触によって、板の上で色と色が混ざりあい、自分だけの新しい色が出来上がります。 まさに100%ハンドメイド! 作り手の個性や性格が顕著に表れるアートです!

そんな色のイリュージョンに毎回ドキドキしつつ、自分も見る人も 楽しくなるようなHAPPYな作品を作っていきたいと思います☆